FC2ブログ

2017年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Live Report〈Blackmore's Night - Germany 2017〉Part 2

Part 1 ハーナウ はこちら

2017年8月17日 ミュンヘン Brunnenhof der Residenz

フランクフルトからミュンヘンに南下。
毎年ドイツでツアーをしている彼らだが、
開催場所・都市はなるべく変わるようにしていると思われる。

そんな中ミュンヘンでは2年前にも演っており、いろんな事情はあるのだろうが
この地はリッチーのお気に入りなのではないかと思う。

2年前の会場Prinzregententheaterは、オペラや演劇などにも使われそうなクラシカルで重厚な雰囲気がよかった。
(この時はキャンディスによるSince You Been Goneが聴けた)
今回の会場はちょっと説明しにくいが、市内中心部にある由緒ある建物群の中の、建物と建物の間の裏庭のような空間だ。
夏のこの時期だけステージを固定して連日トリビュートバンドとか、ちょっとしたライヴをやっている模様。

bn_2017_2_1.jpg


3時過ぎ、まだ早いが会場に様子を見に行くと、演奏の音が外まで聞こえてくる。
Blackmore’s Nightの曲を ”誰か“ が歌っているので、最初カバーバンドか何かかと思いつつ…
中に入ってみると開場前なのに解放していて、アレレ客席まで行けてしまった。
何と本物のリハーサル!
こんなの見られちゃっていいの? 
基本的にこの建物群は観光モニュメントなので、なるべく封鎖しないようにしているのだろうか。

残念ながらリッチーとキャンディスはいなかった。
演っていたのは「Spanish Nights」 歌っていた ”誰か“ はリン姐さん。迫力はある。
おお、今日はこれをやるのか、と期待!(結局本番ではやらなかった)
その他「Durch den Wald zum Bach Haus」や「Allan yn y fan」などのインスト曲を。
観ていたのは、気の早いBNファン10数人程度と、よくわかってない一般観光客数名ってところ。
30分弱、貴重なものを観ることができた。

一旦会場から去り、6時に入場すると入口でCDを配っていた。
簡素な紙ジャケのBN20年記念7曲入りベスト盤だ。
先に出た2枚組に入っていない曲もある。といっても未発表曲がある訳ではないので
音源的に全く貴重なものではないが、プロモ盤なので記念品としてはちょっとありがたいかも。

bn_2017_2_2.jpg


さて本番の方はこの日もrothが前座でBNは7時45分頃登場。
前半のセットリストは、やはりだいたい同じなので感想はほどほどに。

「Durch den Wald zum Bach Haus」の中のキーボードソロの後半の美しいメロディー
2日前にも弾いていて、何の曲か思い出せなかったが、やっとわかった。
アルバム「Dancer and the Moon」収録の「Minstrels In The Hall」だ。
こんなに心に染みるメロディーだったとは。曲の良さを再確認。
Bard David of Larchmont(長い!)、ありがとう。

キャンディスのMC。
「世界のいろいろなところから来てくれてステキね。ポーランド、アイスランド(該当客 ワーッ)、ロシア(該当客 ワーッ)、もちろん日本…」
おお、このやりとりはよくあるけど、日本を含めてくれたのは(自分が行った時では)初めてだ。
David Kiethから話が伝わったのか、別の日本人関係者がいたのか。
手を振ったら「ハロー、ウェルカム」って反応してくれた。うれしい。
自分ともう一人くらいしか日本人はいなかった模様。
最後に「ドイツから来た人はいる?」と笑いを取って締めるのはいつも通り。

さてリッチーはといえば、ハーナウとは打って変わって機嫌がいい。
ミュンヘンが好きなのか、2日前とは違って天気がいいからか。
気合いの入り方が明らかに違う。ギターのストロークにも力がみなぎっている。
キャンディスのMCに(わざと)ズレた受け答えをしたり、
意味も無くセットの植木をズルズルと移動させ笑わせてくれるなど
お茶目モードのリッチーでもある。

bn_2017_2_4.jpg

(写真)ステージの岩のようなものが客席にもいっぱい。年齢層が…


キャンディスが “わたしはオーディエンスからリクエストを受けるのが好きなの” とリクエストタイム。
客席からは「Loreley !」「Avalon !」「Avalon !」と声が上がると
リッチーは “Avalonは退屈な曲だ!” といいつつイントロを弾き始め
ギターとヴォーカルだけでシンプルにやってくれてなかなか良かった。これぞライヴの醍醐味!

アルバムでは爽やかな「Wind In The Willows」も、ライヴになると観客を一体化させ
感動させる強さも持つ曲になる。

「Home Again」では途中にちょこちょこクラシックやスタンダードなど色々な曲が入り込む。
そのほとんどが曲名が分からなくて書けないが、Rainbowがかつて取り上げた「山の魔王の宮殿にて」もやっていた。
オータムちゃんも登場し、キャンディスと一緒に歌って踊る。
とにかくこの「ごった煮Home Again」は彼らのライヴの楽しさが凝縮されている。

続いてオータムが新曲「Ghost of John」の自分が歌ったパートを披露。
ちょっとはずかしそうに歌っていた。
いい曲だからどうせなら一曲まるまる演奏して欲しかったが。

次の曲のイントロをリッチーゆっくりが弾き始めると
キャンディスに促されオータムが「バイバ~イ」と手を振ってステージを去る。可愛すぎる。
2013年のレポでは、“ちょっとムスッとしているのは父親譲りか” とか書いちゃってゴメンナサイ。

その次の曲はラストの「A Whiter Shade of Pale」
この曲で締めることはわりと多い。
いかにもエンディングという感じで観客もコーラスに参加し、気持ちよく締めくくられた。

この日はストラトは使用せず。
ハーナウで見れたので個人的には気にならなかったが、
開演前に隣の席のドイツ人夫婦が「ハーナウではストラト弾いた?」って訊いてきたから
「2曲もやったよ」と答えると「じゃあ今日も…」と期待していたので、ちょっとかわいそうではあった。

この日も10時前に終了。当然大満足のショー。
2年前は11時頃に終わり、しかも帰りモタモタしていたら街の飲む場所がほとんど閉まってしまったが、
まだ10時という事で有名なビヤホール “ホフブロイハウス” で1リットルジョッキの旨いビールを飲みながら、ライブの余韻に浸る最高の時間を過ごせた。

Part 3に続く(予定)


set list

  1. Dancer and the Moon
  2. Darkness
  3. Dance of the Darkness
  4. Under a Violet Moon
  5. Soldier of Fortune
  6. Durch den Wald zum Bach Haus
      Fiddle Solo
      Keyboard Solo
  7. World of Stone
  8. Avalon
  9. Ghost of a Rose
10. Wind In The Willows
11. Allan yn y fan
12. Renaissance Faire 
      Keyboard Solo
      Drum Solo
13. Toast to Tomorrow
14. Peasant's Promise
15. Moonlight Shadow
16. Home Again
17. A Whiter Shade of Pale

Blackmore's Night 2013年のライブの様子はこちら
Blackmore's Night 2016年のライブの様子はこちら
スポンサーサイト



| Live Report | 04:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Live Report〈Blackmore's Night - Germany 2017〉Part 1

今年もまたBlackmore’s Nightを観にドイツに行ってきました。
ヨーロッパツアー・ラスト3公演、ハーナウ、ミュンヘン、ローテンブルクでの様子をレポートします。

元々ここのブログはCapercaillieを紹介するつもりで始めたのですが、ちょっとした事があってそっちは休止中(そのうち再開したいが)。
Blackmore’s Nightのライヴについては自分の忘備録として文章に残しているという側面もあるのですが、ここに訪れる人はBN目当てが殆どですね。
まあ当たり前か…

Blackmore's Night 2013年のライブの様子はこちら
Blackmore's Night 2016年のライブの様子はこちら

2017年8月15日 ハーナウ Ampitheater

昨年帰りの飛行機で隣の席になった、ドラマーのDavid Kieth(Blackmore’s Nightでの名前は “Troubador Of Aberdeen”)に「今年も行くよ」とメッセージを送ったら、ハーナウ公演の前日に返信をくれた。
いちファンにわざわざ返信してくれる彼はいい奴に違いない。

8月15日、ハーナウ。フランクフルトから東に電車で30分くらいのところに位置する静かな街。
Hanau West駅から20分くらい歩くと、自然公園の端にある会場にたどり着く。
昨年行ったライプツィヒの会場とよく似たシチュエーションで、やはり日比谷野音を思わせる、(上から見ると)半円ですり鉢状の野外会場。キャパは1,000くらいかな?(適当だけど)
ただこの会場は白い大きなテントで覆われており、これは助かる。というのは、この日は天気が悪く3時頃ロケハンで来たら激しい雷雨に見舞われたからだ。実際開演時には止んでくれたが、テントがあることで安心感が違ってくる。

bn_2017_2.jpg


サポートバンドはrothという男性デュオ。以前にも彼らを観た事があったが、どうやらリッチーとは20年以上の付き合いで、古い伝統曲をリッチーに教えたりもしてきたらしい。主にギターと古楽器を使い、ラストはBlackmore’s Nightの「All For One」の原曲(と思われる)をプレイし盛り上げた。

さて7:45頃、どんよりとした雲の下の微妙な明るさの中、毎度おなじみの「Do You Hear the People Sing? 」にのってBN登場!
オープニングはここ何年かの定番「Dancer And The Moon」。
個人的には「Locked Within the Crystal Ball 」で始まってくれると嬉しいが、まあ「Dancer〜」は直近数作からでは最強のオープニングチューンか。

セットリストは途中まで昨年とそう変わらないので、感想も今までのレポと似たようなものになってしまうので前半は省略。

この日のリッチーは殆ど喋らない。あまり気分が乗っていないのかな。普段はもう少しキャンディスのMCにちょっかいを出したりして笑わせてくれるのだが。天候のせいだろうか?
それでも決して演奏が悪い訳ではないし、ライヴ自体はいつも通り最高に楽しい!

中盤に「World of Stone」で熱く歌いきった次は「Shadow of the Moon」。
ライブでやるのは珍しくないけど、自分が生で聴くのは初めてかな?
淡々とした歌、演奏だったけど、元々の曲の良さがよく出ていてよかった。
無理に盛り上げようとしたり感情を込めようとしなくても、名曲なのでこれで十分。

オリジナルアルバムとしては最新盤からの「Allan yn y fan」は、昨年生で聴いて “このライヴヴァージョンは素晴らしい!” と興奮したが、客の盛り上がりといいすっかりライヴには欠かせない曲になったようだ。リン様のコーラスが効いている。
ベテランバンドのライヴだと「新しい曲はやらなくていい、古い/全盛期の曲だけ聴かせてくれ」と言いたくなる事も多いが、BNに関しては全くそんな事を思わせないところが凄いと思う。
20年間ずっと全盛期なわけだ。彼らは。

キーボードのBard David of Larchmontは昨年はステージ中央まで出てきて、文字通り暴れ回って笑わせてくれていたが、今年は定位置から動く事はなく残念。
しかしソロの時間を2度ももらっていたのでリッチーの信頼は変わらずなのだと思う。

「Moonlight Shadow」はしっとりとした歌い出しで始まり、途中からポップになり、最後はまたスローに締め。
BURRN!のインタビューでリッチーはポップな方が好きでキャンディスはスローな方が好きだと言っていたが、両者納得のいく形にしたのか。
個人的にはポップな方が好きだが、スローに歌うとこの曲のメロディーの良さが際立っていて、これはこれでいいな。

終盤、リッチーのアルペジオから静かに始まったのは「Lady in Black」!
これには驚いた!そして素晴らしい出来!
ゆっくりと重たいリズムで「World of Stone」に近い感触。
観客の“Ah~ A Ah~”の大合唱、そしてキャンディスの熱唱がドラマチックすぎる。
彼らのセットリストを全てチェックしたわけではないが、この曲は昨年まで殆ど(全く?)やってこなかったと思う。
元々それほど話題になった曲でもないし。
それをこのラストに近いところに持ってきて大成功とは、そのセンスに脱帽でございます。

一旦引っ込んでからの形式的なアンコールってのは無かったが、感覚としてはこの「Lady in Black」が本編ラストという感じ。
でアンコール(相当)では…

師匠、ストラトで登場!これには大興奮!
何せ昨年観た2公演ではストラトを弾かなかったので、今年もどうだろうって思っていたから。
曲は「All For One」。前座のrothに呼応したのか。
ライヴで演るのは珍しくない曲だが、個人的には初めてなので嬉しい。もちろん客席も大盛り上がり。

そしてラストは「Loreley」。
昨年はアコースティックで聴かせてくれ、中間部はフィドルだったが、今回はストラトだ。
リッチートーンのソロをたっぷり聴かせてくれて満足。

屋外なので10時前に終了。2時間10分ほどで彼らにしてはやや短めのショーだが、屋外だとだいたいこんなもん。
リッチーのテンションはイマイチのようにも見えたが、内容にはもちろん大満足。
Blackmore’s Nightのライヴに外れなど無いのだ。

bn_2017_3.jpg


ライヴ終了後、隣の席で観ていたドイツ人中年姉弟に会場でビールを奢ってもらっていたら、彼らがDavid KiethとBard David of Larchmontを発見。食い物を求めてウロウロしていた。
早速David Kiethに挨拶をし、またプライベートな時間にごめんと謝ると「気にするなよ、また会えて嬉しいよ」と満面の笑みを浮かべてくれた。
これからソーセージをいただこうといていたところだったのであまり長時間話さなかったが、「来年はぜひ日本に来て欲しい。ブラックモアズ・ナイトは春に来日するという噂があるよね」というとちょっと困った顔をしているようにも見えた。
来日なんて彼は聞いていなくて「何を言ってるんだ?」と思ったのか、または決定していない事なのでまだ何も口外できない状態なのか。
その件については何も語らなかったので、後者のような気がするが。
どちらにしても気持ちの良い対応をしてくれた彼は、やっぱりいい奴に違いないと確信したのだ。

二人にパンフレットにサインをしてもらうと、Bard David of Larchmontは自分の写真にヒゲを描き始めた…
この人やっぱりちょっとイカれ気味(だがそれがいい)。しかしこの人はもう10年以上在籍しているが、キャンディスを除けば10年以上連続でリッチーのバンドにいる人って初めてじゃないかな?
bn_2017_4.jpg

Part 2に続く(予定)


set list

1. Dancer and the Moon
2. Darkness
3. Dance of the Darkness
4. Under a Violet Moon
5. Soldier of Fortune
6. Durch den Wald zum Bach Haus
Fiddle Solo
Keyboard Solo
7. World of Stone
8. Shadow of the Moon
9. Wish You Were Here
10. Renaissance Faire 
11. Allan yn y fan
12. Diamonds & Rust
      Keyboard Solo
      Drum Solo
13. Toast to Tomorrow
14. Peasant's Promise
15. Moonlight Shadow
16. Hanging Tree
17. Lady in Black
18. All For One
19. Loreley

| Live Report | 02:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |