FC2ブログ

≫ EDIT

Live Report〈Blackmore's Night - Germany 2019〉Part 2

2019年7月3日 ドレスデン Kulturpalast Dresden


この日はドレスデンの中心部にある、近代的なコンサートホール。
会場の構造もデザイン的にも良く、おそらく音響にも気が使われているであろう。

bn_2019_2_01.jpg

bn_2019_2_03.jpg


グッズ売り場を眺めていると、29日マクデブルクで15ユーロで買ったTシャツが
この日は何故か20ユーロになっている。買っておいて良かった。

bn_2019_2_02.jpg

bn_2019_2_04.jpg
(写真)最近の彼らには珍しく背中に公演地が入ったTシャツがあったので買った。日付は入っていない。


「Do You Hear the People Sing?」で幕を開けると
パーカションとリッチーのアルペジオが静かに、少し妖しい雰囲気で始まる。
曲が始まる前にキャンディスが挨拶したマクデブルク公演はやっぱり少し変だったような。

で、また「Faerie Queen」始まるのかと思ったらそうではなく、
「Locked Within the Crystal Ball」のスローヴァージョンだ。
これはまた貴重。
そして途中からいつものテンポの、観客の手拍子が自然に湧き上がる熱い演奏に変わっていく。
こういう盛り上げ方もいいな。

その後は比較的いつも通りに進む。

最前列にはリッチーと親しいと思われる人たちが観に来ているが
そのうちの一人がその場でリクエストしたのが「Temple of the King」
即興でワンコーラスのみ演ってくれた。

中盤で「Renaissance Faire」、この曲はもう少し後でやって欲しかった。
何度も書いているように、この曲では必ず前1~2列目のファンクラブの連中が立ちあがって踊り出し、
一部の後ろの客も前に押し寄せて他の客の視界を塞ぐ。
この日は4列目、キャンディスの真正面という最高の席だったが
前の巨体の男が立ってしまったので真正面だけに全く見えなくなってしまった。
仕方ないのでこっちも立って少しずれて見たが後ろの人には申し訳なく、集中を欠いてしまう。

Renaissance〜が終わって少し座ろうという気配を見せた人もいたが
次が「Home Again」だったので結局みんな立ちっぱなしになってしまった。

続く「A Whiter Shade of Pale」は自分が観た中で、ラスト以外で演るのは初めてだ。
盛り上がるところでのリッチーの力強いカッティングは感情の昂りが感じられる。この辺りのアレンジも初めて聴く。
この曲もレコーディングすればいいのに。

次の「Moonlight Shadow」には、リッチー自ら〝favorite tune〟と紹介していた。
この曲は最近はまずしっとり歌い始め、途中からポップに盛り上げていくパターンが多かったが、
この日はミディアムテンポでリッチーが悲しげなフレーズをずっと繰り返し、やや呪術的な雰囲気の上にヴォーカルが乗るという(自分にとっては)新しいものだった。
いままでのが春の暖かなイメージなら、この日の演奏は晩秋のイメージ。
もちろんこれも好きだ。

終盤はじっくり聴かせるタイプの曲が続き、ラストは「First of May」で締め。
この終盤に「Toast to Tomorrow」あたりを入れて盛り上げてくれると更に良かったのだが、
それでも充分満足されてくれるショウでした。


Set list

1. Locked Within the Crystal Ball
2. Darkness
3. Dance of the Darkness
4. Under a Violet Moon
5. Soldier of Fortune
6. Durch den Wald zum Bach Haus
7. World of Stone
8. Allan Yn N Fan
9. Temple of the King
10. Renaissance Faire
11. Home Again
12. A Whiter Shade of Pale
13. Moonlight Shadow
14. Barbara Allen
15. Wind in the Willows
16. Faerie Queen
17. Diamonds and Rust
18. Midwinter's Night / Dandelion Wine
19. First of May
スポンサーサイト



| Live Report | 02:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT